ゲーム実況 リモートワークにおすすめのマイク AT4040

YouTubeを見ているときやリモート会議をしているときに職業がら「もっと声の音質が良かったらな」と思うことがあります。
マイクで録音する声の音質の重要性はYouTuber、ゲーム実況をすでにされている方は理解していると思います。
これからゲーム実況を始めてみよう!という方もなるべく良い音質でスタートすることをおすすめします。
『音質 = 声の聞き取りやすさ』は動画をストレスなく見てもらううえでかなり重要な要素です。

マイクには色々な種類があったり、パッケージにゲーム実況、配信におすすめと書かれたものもありますが、僕がおすすめするのはオーディオテクニカのAT4040です。

AT4040の特徴

AT4040はコンデンサーマイクと呼ばれる種類のレコーディングでも広く使われるマイクです。
AT4040には以下のような特徴があります。

  • 自然な音質(癖が少ない)
  • 音をしっかりと拾ってくれる = 反応が良い
  • コンデンサーマイクの中では比較的安い

自然な音質は大きなメリット

自然な音質(癖が少ない)ため同じ価格帯のマイクと比べると一見地味にも聞こえますが、癖が少ないことは後から味付けをしやすいことに繋がります。
また、この価格帯のマイクで広域が抜けやすい、中低域に迫力があるといった特徴があるマイクは単品で聞くと派手で良いかもしれませんが、他の音と混ざると思いの外、聞こえづらかったり、変に浮いてしまったりします。
その点、AT4040は悪く言えば普通の音質ですが、良く言えば後から加工しやすい音でもあるため使う人やモノを選ばないメリットがあります。

コンデンサーマイクの中では比較的安い

レコーディングスタジオなど、プロの現場で使われるコンデンサーマイクは10万円以上するものが多いです。
AT4040はそんなレコーディングスタジオで使われるマイクと比較しても、性能として大きく劣るわけでもなく実売価格も3万円前後とコストパフォーマンスが非常に高いです。

スポンサーリンク

AT4040の付属品

  • ショックマウント(A8449a)
  • 変換ネジアダプター
  • ダストカバー
  • ケース

マイクをスタンドに取り付けるため必要なものが一式セットになっています。


ショックマウント(マイクをセットするためのもの)は以前付属していたものよりもかんたんにセットアップできるように改良されています。

AT4040をスタンドにセット

ケーブルは接続していませんが、AT4040をショックマウントにセットしてマイクスタンドに取り付けるとこのようになります。
ミュージシャンがレコーディングなどで使用しているマイクも似たような雰囲気ではないでしょうか?


マイク自体はそこまで大きくないため、邪魔になることもありません。
マイク本体は360gと比較的軽いので一般的なマイクスタンドであれば問題なく使うことができます。


防湿庫、乾燥剤を入れたドライケースなどで保管することが望ましいですが、一時的に保管する場合は付属のダストカバーをかけておくこともできます。(梅雨の時期は湿気がたまりやすいので要注意)

AT4040とパソコンの接続方法

ここまでマイクの説明をしてきましたが、このタイプのコンデンサーマイクとパソコンを接続するにはオーディオインターフェースが必須になります。

おすすめは15,000円前後で購入できるSteinberg UR22mk2です。
USB接続でPCとの接続もしやすく、音質もこのクラスではかなり良いです。
他にもTASCAMやYAMAHAのオーディオインターフェースも入門、配信向けとしておすすめされることがありますが、音質、安定性などの基本性能を重視したUR22mk2は長く使えておすすめです。

まとめ

自宅での楽器、歌のレコーディングはもちろん、ゲーム実況、配信にもおすすめなAT4040を紹介しました。
AT4040について箇条書きでまとめると

  • 癖の少ない自然な音質で扱いやすい
  • 高級なマイクと比較しても音質面で大きく劣ることはない
  • 比較的軽量で一般的なマイクスタンドで問題なく使える
  • PCとの接続にはオーディオインターフェースが必要
  • オーディオインターフェースはSteinberg UR22mk2がおすすめ

他の人よりも少しだけ良いマイク、こだわったマイクを使って聞き取りやすい音声で動画のクオリティアップ間違いなしです!

購入リンク

今回の記事でおすすめした製品の購入リンクをまとめています。

スポンサーリンク

Twitterフォローをお願いします!

おすすめの記事