初心者でもわかる楽譜の読み方 | 2. 臨時記号

鍵盤の白色部分(白鍵)の音名は前回ご紹介しました。
今回は黒色部分(黒鍵)の音名を覚えていきましょう。
黒鍵部分は臨時記号と呼ばれる記号で表すことができます。

まずはピアノで音の位置を確認しましょう

ドレミではこちらのような書き方をします。

英語ではこちらのように書きます。

今回はこちらの読み方を使用して説明をしていきます。

白鍵の部分には前回覚えたドレミを書き込んでいます。
黒鍵の部分には今回覚える臨時記号を使った場合の音を書き込んであります。

C#の下にD♭、D#の下にE♭と書いてありますが、これらはどちらでも書き表すことができます。
なぜどちらでも書き表せるのに一つでないかは調号(キー)の説明の際に詳しく解説します。

スポンサードリンク

半音上げる、シャープ


この記号はシャープと読みます。
音の前につけることによって、元の音よりも半音高くすることができます。


上の例は「C(シー)・シャープ」と読みます。

半音2つ分上げる、ダブルシャープ


半音を上げ、さらに半音上げる記号が、ダブルシャープです。


上の例は「C・ダブルシャープ」と読みます。
お気づきかもしれませんが、CダブルシャープとDは同じ音です。
ですが音楽の都合上、Cダブルシャープで表記したほうが都合がいい場合があります。
複雑ですが、ひとまず「こんなのもあるんだなー」くらいに覚えておいてください。

半音下げる、フラット


この記号はフラットと読みます。
音の前につけることによって、元の音よりも半音低くすることができます。


上の例は「ディー・フラット」と読みます。

半音2つ分下げる、ダブルフラット


半音を上げ、さらに半音上げる記号が、ダブルフラットです。


上の例は「D(ディー)・ダブルフラット」と読みます。
実際の音はCですが、やはりダブルフラットでないといけない場合があるので存在します。

黒鍵以外もシャープ、フラットで表すことができる

ここまでの説明では黒鍵を書き表すためにシャープ、フラットの臨時記号が使われているように思えるかもしれません。
しかし、シャープは半音上げる、フラットは半音下げると言った意味があります。
ピアノの鍵盤の隣り合うもの同士は常に半音の関係にあります。
つまり、白鍵が隣り合ったEとF、BとCは次のような書き方ができます。

Eシャープ = F

Bシャープ = C

Fフラット = E

Cフラット = B

この記事を書いた人

Ciela

音楽プロダクション「Aleile」のCiela(シエラ)です。
ポップス、CM、映像メディアのMA、環境音楽などの作曲家をしております。
シネマティックからポップなサウンドまでメディアを問わず制作を行っております。

follow us in feedly

Popular 人気エントリー