初心者でもわかる楽譜の読み方 | 13. 音符を省略する記号

曲の1番、2番のように音楽的な切れ目の単位、大きな流れはカッコやダ・カーポ、コーダのような繰り返し記号が使われます。
ですが、もう少し小さな単位での繰り返し、例えば小節内で同じパターンを演奏する場合や、前の小節と同じ演奏を繰り返す場合は別の省略記号が使われます。

小節内で同じパターンを演奏する場合の書き方


繰り返すもとの音符パターン(かたまり)が1拍の場合はスラッシュ1本、2拍の場合はスラッシュ2本で書きます。

スポンサードリンク

前の小節と同じパターンを演奏する場合の書き方

1小節を繰り返す


直前の一小節を繰り返す場合は小節の中央にスラッシュ1本とそれを挟むドット2つを書きます。

2小節を繰り返す


直前の2小節を繰り返す場合はスラッシュ2本とドット2つを書きます。

4小節を繰り返す


4小節を繰り返す場合はスラッシュが4本になります。

連桁を省略した書き方

16分音符や8分音符で書かれたリズムパターンを省略して書く方法があります。
sim.もしくはsimile(シーミレ)と書かれている部分は、直前のリズムパターンと同じように演奏します。
ちなみにsimileはイタリア語で「同じように」という意味です。英語のsimilarと同じ意味ですね。

このように直前の16分音符のリズムパターンを、使用する音を4分音符(もしくはリズムパターン分の長さの音符)で指定し、sim.と書き楽譜を省略することがあります。

奏法を省略した書き方

同じ奏法が続く場合はsim.もしくはsimileと書き、奏法を指定する記号を省略することができます。

省略できるのは1つの奏法指定だけでなく、複数の奏法をまとめて省略することもできます。

この記事を書いた人

Ciela

音楽プロダクション「Aleile」のCiela(シエラ)です。
ポップス、CM、映像メディアのMA、環境音楽などの作曲家をしております。
シネマティックからポップなサウンドまでメディアを問わず制作を行っております。

follow us in feedly

Popular 人気エントリー