クラシック

ジャズだけじゃない、サックスアンサンブルの世界

サックスというとジャズのイメージが強いのではないでしょうか? ビッグバンドや、吹奏楽、ポップスのソロなど、いわゆるポピュラーな音楽に使用される楽器といったイメージが強いと思います。 ですが、ちょっと待ってください! ソプラニーノ(1番音が高いもの)からコントラバス(あまり使用される頻度は高くありません)まで様々な音の高さがあります。

「2001年宇宙の旅」に出てきた名曲の数々

1968年に公開されたスタンリー・キューブリックの傑作、「2001年宇宙の旅」という映画をご存知でしょうか。 50年近い時間が経った今でも色褪せない映像は彼の才能の凄まじさを思い知らされます。 この映画の特徴としてよく挙げられるものとして、BGMとしてクラシックを多用しているところがあります。 馴染み深いクラシックから、先進的な現代音楽まで。 2001年宇

印象主義音楽って知ってる? その5 ピアノ作品編

印象主義のピアノ曲は派手さはありませんが、優雅な大人の響きが楽しめます。 ワンランク上の雰囲気を演出できるため、レストランやバーなどで演奏されることもよくあります。 また、純粋に音楽を楽しむためにも勉強前の集中力アップにも持ってこいです。 今回はそんな印象主義のピアノ作品の中でも特におすすめなものを紹介していきます。 透明感

印象主義音楽って知ってる? その4 オーケストラ作品編2

ドビュッシーのオーケストラ作品 前回のラヴェルのオーケストラ作品はわかりやすいものが多かったです。 ドビュッシーの作品は自由な旋律、展開、リズムどれも独特です。 ぱっと聴いただけでは何が良いのか分からない、眠い音楽と感じてしまう人もいます。 ですが、心を落ち着かせてじっくりと聴いてみてください。

印象主義音楽って知ってる? その3 オーケストラ作品編

その1、2では「印象主義音楽って何?」がわかる曲を中心に紹介しました。 今回は印象主義音楽のオーケストラ作品でこれだけは聞いておきたい、おすすめを中心に選曲しました。 音楽史の印象主義の時代に作られたオーケストラ作品は実はそこまで多くなく、一般的に知られている作曲家の作品を聞こうと思えばすべて聞けてしまいます。 作品数こそ少ないです

印象主義音楽って知ってる? その1

季節の変わり目になると死ぬほど切ない気持ちになることありませんか? 大好きな彼女に振られたとか、好きな人ができたとかそういうのではなく、なんかかわかんないけど無性に胸が締め付けられる感覚です。 すごく大雑把に言うと、そういった気分や雰囲気を重視した20世紀フランスではじまったものを印象主義音楽といいます。 印象主義音楽までの音楽は大

follow us in feedly

Popular 人気エントリー